スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Kindleで見れる新聞/マガジンのmobi形式RSS
スポンサーサイト
ブログ引っ越し
またこっちに戻ってくるかもしれませんが、
試しに「はてな」のほうに引っ越してみました。
引き続きよろしくお願いします。

ワンセグとテレビ電話
今月の初めにワンセグをやってみた。アナログと比べて受信感度は安定しているけど、画面がカクカクしてなんとなく見づらい。

というか、もともと外で携帯テレビを見る文化が日本にあるのか、あるいは根付く可能性があるのか。そもそもどうしても外でテレビを見たければ今までだってポータブル液晶TVが売ってた訳だから、それを買って見ればいい。でも、覚えてる限りでは今まで生きてきて自分のまわりでポータブルテレビを見てる人を見たことがない。ワンセグになってもわざわざ外でテレビを見ないのでは。みんなそこまでテレビが好きなの?

と思っていたら、ワールドカップと言われて、ああそうかと納得した。確かにワールドカップは外出中も逃さず生で見たい人が多そう。ワールドカップに合わせてワンセグを始めたんだろうか。ワールドカップを機に外で携帯テレビを見る文化が根付くんだろうか。

ワンセグと言えば、連想するのがテレビ電話。NTTドコモが必死でテレビ電話を普及させようと巨額の広告費を使ってるけど、テレビ電話についても自分のまわりに日常的に使ってる人を見たことがない。日常的な使用という以前に、携帯テレビ電話をやってる人を今まで自分のまわりで2人しかみたことがない。それも1人1回ずつだけ。

いくらドコモが必死になっても、テレビ電話はこのまま誰も使わない気がするけどどうなんだろう。なんか、根本的にパラダイムがずれてるような。

テレビ電話って、昔の映画(例えば2001年宇宙の旅)に出てくる「昔の人が考えた便利な未来」みたいなポジションなのでは。昔のパラダイム(=社会全体の価値観みたいなもの)を発展させても、現代はもうパラダイムがシフトしてしまってるわけだから誰にも受け入れられない。

そんな大げさなこと以前に、テレビ電話を使ったら居場所がバレるとか、電話のたびにちゃんとしか格好しないといけないとか、そういう単純なことなのかもしれない。テレビ電話が普及しないのは。

ちなみに2001年宇宙の旅の中で宇宙ステーションからのテレビ電話に映ってるかわいい子供はキューブリックの本物の娘さんです。
頭がボサボサのおじさん
このあいだNHK教育の春の番組案内特集を見ていたら、ゲストで楳図かずおさんが出ていた。これでもかというほど髪がぐちゃぐちゃだった。ヘアメイクさんに何か言われても頑固にそのままにしてたんだろうか。

楳図さん以外のボサボサおじさんと言えば荒俣宏さんだろう。しかし荒俣さんは結婚を機に、奥さんにファッション面を完璧に管理してもらうようになったらしく、それ以来は小綺麗だ。

それ以外だと、立花隆さん。しかし、最近のNHKサイボーグ特集などを見ていると、立花さんの髪もなぜか落ち着いている。しかし落ち着いた立花隆の髪を見ているとなぜか落ち着かない。どうした、隆。昔のボサボサ髪は。それでも知の巨人か。東大総長でも狙っているのか。

そこで登場するのがボサボサ界のニューヒーロー。最近メディアの露出が増えている茂木健一郎さん。茂木先生には、変に小綺麗にならずにずっとこのままで頑張ってほしい。なにを?
温泉旅行とはなにか
年末に温泉に行った。

よく温泉旅行に出かけるなどというけど、例えば恋人同士などで温泉に行く場合、みんな混浴のところに行ってるんだろうか。温泉に詳しくないのでよくわからないのだけど、やっぱり男女別が多いような気がする。

ということは、一緒に温泉に行くと言いながら、いちばんの目的である温泉に入る場面では別々になるわけで、なんとも不思議なことだなと温泉に浸かりながら思った。

温泉とは、まさに死の象徴なんではなかろうか。いくら夫婦で一緒にいても最後は、男は男風呂へ、女は女風呂へと一人ひとりが別々の道を行くしかない。つまり温泉は黄泉(よみ)の国であり、涅槃であり、NIRVANAなのかもしれない。

それが証拠に、隣のおじさんは「ああ、極楽、極楽」と言っていた。
あけましておめでとうございます
怠惰な自分がこんなに長期間ブログなぞというものをよく続けてこれたなと思います。本年もよろしくお願いします。
ドコモとウィルコムのCM
携帯でわざわざしりとりしているドコモの「プッシュトーク」のCMと、入院中のお母さんが家で寝れない子どものために携帯でお話しを聞かせるウィルコムの定額プランのCMを見て、説得力の違いが大きすぎた。
でも若者は結局、流行りのタレントが出てるほうに好印象を持ってしまうんだろうか。
耐震強度偽装マンション報道の感想
誰が嘘をついているのかわからないけれど、それとは関係なしに気になってることがある。

どのチャンネルのニュースでも何回となく繰り返されている「地震でいつ崩れるかわからないマンション。引っ越しもままならない住人達は夜も眠れない不安な毎日を過ごしている」という感じのフレーズ。

これって・・・?地震でいつ崩れるかわからないマンションに住んでるのは今回の偽装事件の被害者住人だけじゃないと思うが。

ボロマンション、ボロアパート、ボロ戸建てに住んでる人は何千万人もいると思うけれど、そういう人たちの立場は・・・。

ダマされてかわいそうな人たち、というのを伝えたいのはわかるが、もっと別の言い方のほうがいいような。

追記
事件のからくりをわかりやすく説明してあるblog
真実なくして論評なし「惜しい!もう少しで完全犯罪。」
携帯解約
今日は久しぶりにあんまり忙しくない。

携帯の会社を替えたので昔の電話を解約に行った。

担当がやるきなさ気な男店員だったせいかもしれないけれど、交わした会話はたったこれだけ。

「免許証か保険証お持ちですか?はい、ありがとうございます。お返しします」
「ここにサインお願いします」
「あと、ここにサインお願いします」
「以上で完了です。ありがとうございました」

えーっ、そんなあっさり客を手放すのか。

確かに初めにコールセンターに電話で解約の仕方を問い合わせたときに「よろしかったらご解約の理由を・・・」とか「よろしかったら、今一度ご継続の検討を・・・」とか言われたので、店頭ではもうそういうことは聞かないということなのかな。

携帯の会社を替えても番号そのままの「番号ポータビリ制」が始まるのをずっと待ってるのだけど、やっと来年10月から開始らしい。

最近はAUが元気だし、ウィルコムが発表したスマートフォンもすごいし、ソフトバンクとかも携帯事業参入だし、プッシュトークサービスを開始したりして必死なドコモはジリ貧だし、これから携帯の周辺がいろいろ話題になりそう。
イサム・ノグチ展
そういえばこの前、現代美術館の「イサム・ノグチ展」に行ったんだった。

なんと言っても、「エナジー・ヴォイド」がよかった。実物を見て凄さのわかる典型的な作品。

やっぱり、誰もつくったことのないものをつくらないといけないなあ。

現代美術館は閉館が遅くて便利だったのが、いつのまにか他の美術館と同じくらいの普通の閉館時間になってたのが残念だった。
Yahoo!とGoogle
このブログをはじめた初期にGoogleの検索「コピーライター」で異常に上位に出るようになったから、わざと下位に沈むようにしたらそれっきり浮上できないままになってしまった。

あとで考えたら、人気のブロガーさんから初期に偶然ドラバをしてもらって、たぶんそのせいだったんだろう。

「フリーコピーライター」だとまた話は別で、他の有名な方より上位に出すぎるからちょっと気が引ける。

いまGoogleの「コピーライター」で上位に来るブログは木村さんの「コピーライターHR」

でもYahoo!だと「コピーライターHR」はぜんぜん上位に出てこない。

逆にここのブログはYahoo!だとまあまあ上位になる。だから、Yahoo!から来てもらえる人が多くて、Googleからの人は少ない。

検索のアルゴリズムが根本的にちがうのだろうな。

ところが、もうちょっとしたらYahoo!の検索もGoogle方式になるとニュースに書いてあった。そうすると、Yahoo!でもこのブログはもっと下に行くってことなのか?

めんどくさくて、こっちから積極的にトラバとかしないからなあ。マジメにそういうことしたほうがいいんだろうか。

一応、小細工はしてみたけど、それでどうなるかちょっと様子見。

水曜は夕方から打ち合わせだから、今から寝て午前中に起きて仕事するか、今から仕事の続きして午後に起きるか。
衆議院選挙について
「改革を止めるな」というのは分かりやすかった。

「日本をあきらめない」というのはわけわかんなかった。

やっぱり大衆を動かすには、分かりやすさが大切だと思った。

今回の選挙は、学者さんとか広告代理店のそういう部署の人には、かなりいろいろ有意義なデータが採れたんじゃなかろうか。メディアとメッセージと大衆心理の関係について。

ただ、そういう研究報告ってぜんぜんおもてには出てきそうになから、誰か一般書で出さないかな。

『プロパガンダ』というゴツイ本があるけど、その昔、数ページ読んだだけで猛烈な睡魔に襲われた。

話は戻って、個人的には実は「改革を止めるな」より「確かな野党」のほうが「なるほど」と納得してしまったのも事実。

みんなが保守っぽくなるから、そういうときこそ正反対の意見を言う役目が必要なんじゃないかと。

まったくアイデン&ティティを失うわ、朝生では田原総一郎から「あんた達はどんなことにも反対するだけだから黙っててよ」と言われるポジションだわ、だからと言っていまさら党の立場を変えられないわ、どうしたらいいかわからないときに「確かな野党」という立ち位置は、わかりやすい気がする。

だからと言って自ら野党と言い切る時点で限界が見えてるし、政策内容がどうなのか知らないし、共産党に投票することは一生ないとは思うけど、必要は必要だと思う。

今回はボスキャラの亀井静香先生が生き延びたのが、なんだか後味の良くない選挙だった。ホリエモンには経験値が足りなかった。

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
4414302854アンソニー プラトカニス エリオット アロンソン Anthony R. Pratkanis

誠信書房 1998-11
売り上げランキング : 39,185


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕の考えた衆議院解散
世の中、選挙で騒がしいけれど、生まれて一度しか投票に行ったことのない僕が、1953年の有名な「バカヤロー解散」に負けない意気込みで今回の衆議院解散のネーミングを考えてみたよ。


郵政解散

呪い解散
(大臣達がつぎつぎと謎の死)

いじめ解散

思いつき解散

台風解散

ペ解散

解散様

自爆解散
(議員達がつぎつぎ自爆)

解散 エピソード3

パジャマ解散

ハチマキ解散

食あたり解散

シュールストレミングス解散
(あまりにも臭くて解散)

するやいなや解散

ちんちんかもかも解散
(男女仲よく解散)

クリステル解散

むちむち解散

ポロリ解散

消し忘れ解散

君付け禁止解散

親父にも殴られたことないのに解散

殴ってなぜ悪い解散

ズラバレ解散
(一国の首相が国民に隠して・・・)

縄文式解散

地中海式解散

牛歩解散
(10時間かけて解散)

野田聖子生意気ざかり解散

さっさと引っ越し!引っ越ーし!解散

解散してた解散
(知らないうちに)

ニセ解散

バーチャル解散

UFO解散
(異星人からの要求)

黒船解散
(ペリーからの要求)

内田クレペリン解散

そろそろ解散

居酒屋の前でダラダラ解散

学校に着いたら解散

現地解散

片山さつき髪多すぎ解散

片山さつきカールしすぎ解散

片山さつき癖毛解散

綿貫議長 背が低すぎ解散

綿貫議長 クビ短すぎ解散

綿貫ハト胸解散

綿貫フランケン解散



プール
日曜はそれほど忙しくなかったので、久しぶりに近所のプールへ。

最近ずっとジョギングをしてないせいもあって、結構しんどかった。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。