スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『馬鹿な男ほど愛おしい』田口ランディ
内容はともかく、さっき本屋で表紙を見て、写真がかわいすぎたので。ちょっと滝川クリステルに似てるんだな、写りが。

誰かなと思って見たら、カメラマンが蜷川実花さんで、なるほど。モデルは内田仁菜という子らしい。

これはモデルのかわいさというよりカメラマンの腕だな。

Amazonで見たら、本屋で実際の本を見たときよりかわいくなかったけれど。

馬鹿な男ほど愛おしい
4101412359田口 ランディ

新潮社 2005-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
『失踪日記』『出家日記』
久々に、そっくり装丁発見。片やベストセラー、片や・・・?

もちろん出版社は違う。デザイナーさんもまさか同じではないと思う。

失踪日記
4872575334吾妻 ひでお

イースト・プレス 2005-03
売り上げランキング : 627

おすすめ平均 star
star・・・凄い、です。
starいかん、異様におもしろい
starありがとう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出家日記―ある「おたく」の生涯
4048839322蛭児神 建 元

角川書店 2005-11
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『ひとつ上のアイディア。』
日本中のコピーライターの4人に1人は読みそうだから、読んだほうがいいというより、読まないと差がついてしまうような。

読み始めたばかりだけど、なんとなく昔の広告批評編『広告大入門』より中身が濃いような。なんとなく。

ひとつ上のアイディア。
4844321889眞木 準

インプレス 2005-11-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


広告大入門
4944079109広告批評

マドラ出版 1997-04
売り上げランキング : 1,674,420


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私の広告術
4944079192広告批評

マドラ出版 2000-03
売り上げランキング : 253,461

おすすめ平均 star
star日本の広告クリエイターの特異性
starものをつくること

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『生協の白石さん』
誰か偉いおじさんが「資本主義社会では、すべての物が商品になる」みたいなことを言ってた気がするけど、本当になんでも商品になるのだなあ。

ずっと前にネタとしてネットのどこかで見たことのある「白石さん」。また別の偉いおじさんが「差異こそが価値を生む」みたいなことを言っていたけど、ふつうの生協のおじさん(お姉さん?)とちょっとちがう、その「ちょっと」の方向性が時代に受け入れられたのだなと思った。

内容は面白いです。というか、よく見たら発売は11月だとか。

「生協の白石さん」

仕事は忙しくもなくヒマでもなく。今くらいがちょうどいい。しかし、手離れのよくない仕事が多くて、いかがなものか。

生協の白石さん
4062131676白石 昌則 東京農工大学の学生の皆さん

講談社 2005-11-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『お先に失礼!する技術』
読み始めたときは「お、これはちょっと前に読んだ『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦』と似てるけど、こっちのほうがぜんぜんいい」と思ったのだけど、読み終わったら良くも悪くもなかった。

著者がもともと「しがらみの多い会社員生活の中でいかに自分らしく生きていくか」というスタンスで書いているので、そのスタート地点自体が個人事業者の自分と乖離があったかもしれない。

立ち読みのときは1-7の『「自分のことは自分で」をやめてみる』のところが響いた感じがしたから買ったのだけど、全体的には「うーん」という感じ。

書いてあることは精神論じゃなくて、メールの出し方、コピー(複写)の取り方など、実務的なことも結構多かった。

まったく使えない内容ではないから、この内容をどう活かすか、あとは自分次第なのだろうけど、人生に影響を受けるほどのクラクラした感じは微塵もなかった。

この本でいちばんためになったのは『お先に失礼する技術』という惹きのあるタイトルのセンスかもしれない。

ちなみに『愛のバタバタ貧乏脱出大作戦』は、言いたいことは1つなのにあれやこれやとダラダラ書かれて、かなり時間がもったいない本。amazonのレビューや立ち読み15分でだいたいの内容は理解できてしまう。

「お先に失礼!」する技術 「断る」「決断する」「切り上げる」「見極める」ための極意
4872902238柴田英寿

WAVE出版 2005-06-27
売り上げランキング : 4,126

おすすめ平均 star
star心構えが重要と
starお先に失礼する「本質的な」技術
star輻輳?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!!
4893468480九鬼 政人

総合法令出版 2004-05-25
売り上げランキング : 148,065

おすすめ平均 star
star九鬼社長の熱い思いは伝わってくるが・・・
star流れを変えるきっかけになる本です
star時間とお金の関係

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『さぶ』山本周五郎
あらすじ

「お、お、おらあ思ったんだな。おにぎりが食べたいんだな」。うだつの上がらない裸の大将似のノリ混ぜ職人「さぶ」は、奉公に入ったときからおなじ障子屋に勤める栄二をよく思っていない。そこで長年の鬱積を晴らすため「さぶ」は一計を案じる・・・。もののみごとに罠に嵌められた栄二だったが持ち前の腕っ節とIQを活かして刑務所のホモ男たちをつぎつぎと手玉に取り、やがては看守まで巻き込んで刑務所を自らの支配下に治めるのだった。ホモ男達に習字を教え平均IQ向上を図るなど「さぶ」への復讐を虎視眈々と準備する栄二だったが、「さぶ」の差し金による反乱分子たちの巨石攻撃で足を痛め、一時の療養を余儀なくされる。その間にも居酒屋の女主人「おのぶ」による毒饅頭差し入れ作戦、栄二のストーカー「おすえ」の嫁入り作戦など容赦なしの奇策を次々と講じる「さぶ」。晴れて出所した栄二だったが「おすえ」の色仕掛けにはまり、二人は祝言を挙げる。すべては「さぶ」の描いた絵のとおりに事が進むはずだったが「おすえ」の告白で事態は急変し・・・。男どうしの愛と友情、江戸の風情を満喫できるエロチック・ラブコメディ。
(※個人の記憶に基づくため、すべてこの通りとは限りません)


テーマ

(1)罠に嵌められて怒っていても、いつかは冷める。→世の中、やったもん勝ち。やられ損。
(2)優秀な人間とて一人の力でその地位にあるのではない。陰でみんなが支えてくれてる。


感想

直木賞系の小説は「これって、わざわざ時間かけて小説読まなくてもテレビドラマ化か映画化されたの見ればいいじゃん」的な、小説である意味が全くないものが多いが、単なる「物語」「あらすじ」にとどまらない深さがあってよかった。

ブログ内、関連リンク「新潮文庫の100冊と「さぶ」」

さぶ
4101134103山本 周五郎

新潮社 1965-12
売り上げランキング : 16,565

おすすめ平均 star
star人の優しさに出会いたいなら・・・
star人間の本当の弱さ、強さに、心が震えた
star周五郎作品中でもひときわ出汁のきいたキャラが目白押し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『カラフル』森絵都
いろいろ同時に読みすぎてなかなか読了できない中、読みやすかったのでこれだけ読了。

児童文学とはいえ、面白くないぬるい直木賞ものよりよかった。10ページ目で結末が予想できる人が多いと思うが、その点はそれほど気にせず読みすすめられた。映画化されたみたいだけど、どんな仕上がりだったんだろう。

カラフル
4652071639森 絵都

理論社 1998-07
売り上げランキング : 5,145

おすすめ平均 star
star自分を大切にしたいと思えてくる本。
star読みやすい話
star中高生の頃に読みたかったです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



どうして2冊あるんですか
ある人のオフィスの本棚には、ある同じ本が2冊おいてあって、お客さんが来て「どうしてその本だけ同じのが2冊あるんですか?」といつも聞かれて、そのたびに「1冊は自分用、もう1冊は、どうして2冊あるんですかと聞いた人にあげる用」という話があったのを急にふと思い出した。

映画だったか、小説だったか、ドキュメントだったか・・・。ご存知の方いらっしゃったら教えてください。その人と本の名前。
新潮文庫の100冊と「さぶ」
各社また夏のキャンペーンがはじまったけれど、新潮の100冊の冊子をパラパラ見ると、今まで読んだことなくて読みたいタイトルがまだまだたくさんある。

森鴎外、開高健、向田邦子、サリンジャーなど。

でもそんなことより、山本周五郎「さぶ」の装丁を見て「なんじゃこりゃ」と、松田優作ばりに叫ばずにはいられない。はじめて見たのはこの冊子ではなくて、本屋で実物を見たんだけど・・・

若者に読んでほしいからなのか、しかし、あれで若者が読んでくれるのか・・・。本屋に行ったときにでも見てみてください。というかamazonですぐ見れるか。

ときどき文庫の見慣れた装丁が急にへんてこな装丁に変わってしまうときがある。映画の公開に合わせて映画のキャストがメインになってるやつとか。

昔、一時期、確か角川文庫が一斉に、わたせせいぞうのイラストに変わってしまったこともあったような。

新潮のドストエフスキーの装丁も個人的には前のほうが好きだなあ。それにしても「さぶ」だ、「さぶ」。本好きで「さぶ」を買うか迷ってた人は確実に買う気をなくしてるな。


追記
amazonで見たら、こっちはまだ旧版の装丁だった。
『「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方 』
「お気楽流」とあるとおり、人間の葛藤がとうとか、起承転結がどうとか、こ難しい話はぜんぜんなしのシナリオ入門。

いちばんまじめな王道が「シナリオの基礎技術」で、いちばんまじめな邪道が「物語の体操」「キャラクター小説の作り方」だとすると、その中間あたりのとっつきやすい内容だった。

なにか自分の仕事に活かせるかどうか。


「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方―“お気楽流”のノウハウで、8日間でシナリオが書けてしまう!
4882029383浅田 直亮 仲村 みなみ

彩流社 2005-02
売り上げランキング : 32,310

おすすめ平均 star
star超おすすめのシナリオ関係書!!
star本当に書けると思います

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シナリオの基礎技術
4804801758新井 一

ダヴィッド社 1985-11
売り上げランキング : 1,710

おすすめ平均 star
star良書です
star必ずシナリオが書けるようになります。
starこの本は素晴らしい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キャラクター小説の作り方
4061496468大塚 英志

講談社 2003-02-20
売り上げランキング : 3,529

おすすめ平均 star
star内容はいいが、実践に役立てにくい。
star表現者としての倫理
star具体的すぎるため人を選ぶが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『東京物語』奥田英朗
楽しい青春モノっぽかったので内容を確かめずに買ったら、偶然コピーライターが主人公だった。奥田さんが元コピーライターだから、半自伝の要素もあるとか。そういうのに興味がある人とか、さらっと読める青春モノを求めてる人にはいいかも。

ただ、読み応えとか、人生について考えさせられるとか、この一行にシビレタとか、そういうのは全くなし。いわゆる直木賞系なので文学じゃなくて、あらすじ、あるいはまさにタイトル通り「物語」。テレビドラマのように、いろんなエピソードが順番に羅列されてるだけ。

3冊すべて読んだ人によると『イン・ザ・プール』とか『空中ブランコ』のほうが、ぜんぜん面白いらしい。とはいえ、その2つも文学ではなくてテレビドラマというかエンタテイメントだとは思うけれど。

ただ、この『東京物語』もAmazonの評価は高い。ちょうど綿屋綿矢りさのあたりから、本を読む人の種類が変わってきて新読書時代が始まった感じがするから、時代が求めてるのはますます文学じゃなくて、広い意味のエンタテイメント小説になってきたように思う。それにしても、この内容でこれだけいっぱい☆マークもらえるのか。

最近はフォークナーの『八月の光』を読みかけて、ほとんど挫折しかけ。文章が読みにくすぎ。なんとなく直感的に、この本が「俺を読んでくれ」と言ってる気がしたのだけど。今は無性に『カラマーゾフの兄弟』が読みたくて仕方がない。ドストエフスキーは『罪と罰』しか読んだことないけど、フォークナーよりどう考えても読みやすくて内容も面白いはずだ。

東京物語
408747738X奥田 英朗

集英社 2004-09
売り上げランキング : 18,429

おすすめ平均
star奥田 英朗作品で最初に読んだ作品
star懐かしさを感じました
star生き生き

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『運命の法則』天外伺朗
思考は現実化するとか、願いが叶うとか、仕事にそういうことを持ち出すとどうしてもウサン臭く思われるから、気安く口にはできない。

でも、コピーを考えてるときに「天から降ってくる」感じとか、何気なく本屋に行ったら今担当してる仕事に必要なネタ(資料)が雑誌で特集されてたりとか、そういうのを体験したことがある人には、そういう科学で解明できない何かを完全否定できないのも確か。

この本もそういう感じの話の延長で、AIBOのプロジェクトリーダーが『「幸運の女神」と付き合うため』の心構えとかチームの持って行きようを書いた本。

こういう体験に身に覚えのある人は、それを発展させるためのヒントになるだろうし、こういうことに縁のない人には完全にトンデモ本にしか思えないかも。どちらにせよ、こういう本を読んだよと大きな声で人には言えないし、そもそも立ち読みか古本で十分。(実際、自分も30分ほどで立ち読みしました)

この方の日記にもっと詳しい内容が書かれてます。


運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章
天外 伺朗

飛鳥新社 2004-11
売り上げランキング : 2,129

おすすめ平均
安心できる本
現実に裏打ちされた理論は強い
この1冊にようやく出会えました

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい』
うーむ。
しかし、amazonの読者レビューで「一気に読めました!」と書いてあったのには爆笑してしまった。そりゃ、ここまで内容がなければ一気に読めると思うが・・・。

電車の中で30分で読んで予想通りの内容だったけれど、amazonの平均点も高いし1カ月で第3刷までいってるし、それが大衆というものかのかもしれない。

自分はそういう一般大衆向けに仕事をしているのだし、バカにしてるだけでは単なるバカだし、ちゃんとした仕事もできないので、どうしてこの本をありがたがる人が多いのかもうちょっとマジメに考えます。


他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい
三浦 哲

中経出版 2004-12-01
売り上げランキング : 14,221

おすすめ平均
学習の基本を学べます。
これはすごいかも
なんだか自分にも出来そう!って思わせてくれます。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『さよなら、青い鳥。』
いろいろ書いていざ投稿しようと思ったら全部消えてしまった。精神的ダメージが回復したら、追記予定。

関連過去日記
電車男
さよなら、青い鳥

さよなら、青い鳥。
ミチル

幻冬舎 2005-04
売り上げランキング : 40,564

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。