スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「私は優れたコピーが書けません」「そうですね」
[人工無能人生相談所](下からお読みください)



館主

もうお帰りですか。十分な対応ができなくてすみませんでした。さようなら、またいらしゃってください。退出するには「ちんぷん館から退出する」ボタンを押してください

あなた
そろそろ帰ります

館主
そうですか

あなた
はい

館主
休めませんよ?

あなた
休めませんよ

館主
それは大変ですね。ダブルであなたに負荷がかかります。すこし休んだらどうですか?すこし休むくらいで、そんなに人生に影響をあたえることはないのじゃではないですか

あなた
精神的と肉体的の両方です

館主
かわいそうに。人生は疲れることばかりです。それは主に「精神的な疲れ」でしょうか、「肉体的な疲れ」ですか?

あなた
疲れてきました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

館主
そうですか

あなた
なんとか言ったらどうですか!

館主

あなた
人のことをニートみたいに!

館主
なんらかの就職先はあるのでは?あまり条件を付けると決まりませんよ。
焦らず自分を見つめてじっくりと考えるべきでは。最高に条件の良いところなどありません。daysleeperさんが生きがい・やりがいをもてるところを優先するべきです。
でも、少し面白くないからといって辞めてしまうのはだめです。面白さは与えられるものではなく、自分に与えられた環境の中で自分で見つけるものだからです

あなた
しかし、仕事をしないと生活ができません

館主
そうですか

あなた
仕事とプライベイトのバランスが悪いのです

館主
何でしょうね。一概にはいえないのではないですか。あなたは何だと思いますか?どうしてそんなことをお聞きになるのですか?

あなた
仕事ってなんですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

館主
そうですか

あなた
自分の仕事を他のコピーライターさんに頼むしかありませんね

館主
自分で考えてみてください。あなたはどう思うのですか

あなた
どうやったら、ゆとりがもてますか

館主
そうですか?

あなた
どれだけのものでもありませんよ

館主
忙しすぎるのですね。そんなに頑張ってどれだけのものですか?少しゆとりをもったらどうですか

あなた
私は本を読む時間がありません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

館主
私のことより、daysleeperさんのことをお話ください

あなた
はい。あなたは無神経です

館主
そうですか?

あなた
そうですねって・・・ひどくありませんか?

館主
そうですね

あなた
私は優れたコピーが書けません

館主
そうですか。それが悩みなのですか?もっと詳しく説明してください

あなた
私はコピーライターです

館主
こんにちは。私がdaysleeperさんの悩みをお聞きします

あなた
こんにちは

館主
ようこそ、daysleeperさん、わたしにすべてを話してください。

あなたの名前
daysleeper
スポンサーサイト
『本気で書きたい人の小説「超」入門』
開高健、山口瞳、宮本輝、林真理子、中島らも、最近では石田衣良さん。
そういう人たちの印象からか、「コピーライターの人って、小説家志望なんですよね?(あるいは小説家になりたくてもなれない人)」のように思ってる人もいますけど、べつにほとんどのコピーライターにそういう気持ちはないと思う。

さて、ところでこの本。プロフィールの「新人時代の北方謙三、立松和平、小樽山博、中上健次、森瑤子諸氏の原稿にモーレツな朱を入れた」という部分に騙された。

何かテクニック的なことを期待していたら、「物語を生み出し仕上げるための『小説作成辞典』や『発想辞典』」なんてものはない。ひたすら自分を見つめて書きたいことを書くしかない、という趣旨。

早くも今年の本、ワースト1か?Amazonのレビューで評価が高いのは工作員なんだろうか。少なくとも自分には合わなかった。時間とお金のムダだった。唯一参考になったのは、チャートの部分のみ。それだけでも、何もないよりよかった。

「とにかく書くしかない」という内容の小説指南書なら丸山健二の『まだ見ぬ書き手へ』のほうが、どう考えてもいい。あるいは全く逆に機械的に物語(小説ではない)をつくるために書かれた大塚英志の『キャラクター小説の作り方』のほうがまだ小説を書く参考になる。あるいは、ジャンルちがいだけど定番の新井一の『シナリオの基礎技術』とか。

そもそも「小説の書き方」を読む人の中から、すごい作家が出てくる確率はかなり低い気がするけれど。


本気で書きたい人の小説「超」入門
松島 義一

メディア・ポート 2005-01
売り上げランキング : 26,319

おすすめ平均
参考書として、すばらしい。
書き始めるためのチャート、って面白い

Amazonで詳しく見る by G-Tools



まだ見ぬ書き手へ
丸山 健二

朝日新聞社 1997-05
売り上げランキング : 10,410

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



キャラクター小説の作り方
大塚 英志

講談社 2003-02-20
売り上げランキング : 2,426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



シナリオの基礎技術
新井 一

ダヴィッド社 1985-11
売り上げランキング : 1,660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



daysleeperの本棚
なぜ歴史を学ぶのか
いま録画しておいた高校講座・世界史を見ていた。テーマは「どうして歴史を学ぶか」。

おじさんが「歴史は今につながってるから、歴史を知っておかないと、いま起こってることについて何が正しくてなにが間違ってるか判断できない」みたいなことを言っていた。

でもいろんな歴史自体が誰かの主観でまとめられた本だったり記録だったりするから、ぜんぶの歴史が正しいとは言えないし、正しくないかもしれないことをもとに、今起こってることを判断するのは危ない気がするけど、どうなんだろう。

新しい歴史教科書をつくる会とか何とかがいろいろ話題になってるのも、根本にはこういう問題があるんだろうけれど。

よく司馬遼太郎を読めと言われるけど、短めの『燃えよ剣』すら読んだことない。そういえば、ちょっと前に読んだ小谷野敦の『すばらしき愚民社会』には、1980年頃には司馬遼は大衆作家だったけど、今では大衆は司馬遼さえ読まないほど歴史離れが進んでると書いてあった。
ながらワールドカップ
広告でいっぱいいっぱいのところに、最近ページものまで増えてきた。ページものは時間がかかるから大変だ。

あしたはサッカーのバーレーン戦の時間に外で打ち合わせ。家で見たいから時間を早めてもらおうと思ったら「テレビのある会議室とったから大丈夫だよ」と言われた。サッカー見ながらまともな打ち合わせになるとは、どう考えても思えない。

TCCの用意ぜんぜんしてない。
ホリエモンなみ
ひさしぶりに外食した。コンビニ弁当とオリジン弁当ばかりいい加減飽きる。いいんだろうか、こんな人生で。

ホリエモンて社長日記にいつでもいいものばっか食べてるようなこと書いてるし、だからあんなふうに30歳で小ぶとってるんだろうな。最近は1食たりともホリエモンなみのもの食べてないな。

先週後半から打ち合わせに行かず、ヒッキー体制で仕事中。来月から新年度で新しいキャンペーンがいろいろ始まるから、今月末にプレゼンが集中して大変。
動く仲畑さん
きょう昼のテレビで糸井重里さんがゲストで出てて、最後に仲畑貴志さんがシークレットゲストみたいな感じで出てきた。仲畑さんが動いてるところ見たのも、仲畑さんの肉声を聞いたのも久しぶりだった。

TCCの審査委員長が何年かぶりに仲畑さんに戻ったけど、いいことがあればいいなあ。

それにしても、糸井さん的コピーライターというのは、どうして糸井さんしかいないんだろう。要するにテレビによく出たり何でもやってるコピーライター。

コメンテーターとしてテレビに出たり、作詞したり、本書いたり、ゲームつくったりというコピーライターはいるけど、そういうのを全部やってるのは未だに糸井さんしかいないような。やっぱ糸井さんは特殊だ。

にもかかわらず、世間一般のコピーライター像というと「ああ、糸井重里と同じ仕事の?」みたいに受け取られている。コピーライターの世界というのはある意味遅れているのかもしれない。

ああ、体調良くない。
積ん読
読み切れないのに最近とくに本ばかり買ってしまう。
ブクログにずっと昔に読んだ自分のバイブル的な本もリストアップ中なので、よかったら覗いてください。サイトは激重ですけど。

daysleeperの本棚
「ブクログ」(WEB本棚)
きょう初めてみたサイト
「ブクログ」WEB本棚サービス

音ログとかブクログとか、いろんなことを考える人がいる。本読みにとっては便利そうだからすぐ登録したけどサイトが重すぎ。

近頃ネット全体が重く感じるから自分のPCかプロバイダにも問題があるのかも。

今日の夜中は何週間かぶりに仕事しなかった。

それにしても、このまえ何かカスタマイズした拍子に左のサイドバーとここの本文のブロックの間に変な縦の白いラインが入ってしまってどう直したらいいのかさっぱりわからない。
地下活動
まだこのblog始めたばかりだし、そんなにたくさんの方に観てもらっている訳でもないのに、わかりやすいblogタイトルのおかげで意味もなくサーチエンジンの上位に行きすぎてしまう。

SEO対策とか言って、みんなちょっとでも検索の上に出そうとあの手この手でやってるみたいだけど、とりあえず何日か前に検索ロボット回避のタグを埋めてみた。

それがこの週末やっと効いてきたみたいで、googleとかに引っかからなくなった。

検索の上の方に出ていても毎日100人単位で見てもらっている訳でもないから単に自意識過剰なだけなんだけど、今の自分が上の方にいるのはなんとなく居心地がよくないからとにかくしばらく潜ってみよう。

さみしくなったら、また浮上すればいいわけだし。それか、いい感じの順位をキープできるようにblog名変えるか?

とはいえ、まったくblogが存在しないかのようになるのも困るのでpingは送信する予定。
星を継ぐ者
何ヶ月か前にZガンダムのDVDを買って20話くらいまで観てそれ以降ぜんぜん観てなかった。まだMKⅡしか出てなくてZすら出てきてない。

そのZガンダムの劇場版「星を継ぐ者」が公開されると今日知った。どうしてまたこの時期に?公開は5月末だからそれまでにはDVD全部観ないと。

一部で有名な「プリズナーNo.6」のDVDも買ったまま観てない。

薬を飲んだから花粉はちょっとマシになって、とりあえず仕事できそう。
鈍重
花粉症で頭が重すぎて思考停止。
仕方がないのでこの前録画しておいたクドカン&ねずみの三銃士の「鈍獣」を観ながら仕事をする。
朦朧とした意識の中、仕事してるんだかテレビ観てるんだか何もしてないんだか、よくわからん。
岸田戯曲賞か。自分もがんばります。
電車占領
電車に乗ったら、昔自分か関わってた商品のトレインジャク広告をしていた。

それにしても、誰も見てない。電車一両ぜんぶ同じ会社の同じ商品の広告がバーッと貼ったりぶらさがってたりしてるのに、みんな完全無視。

自分が15分ほど乗ってるあいだ、ほんとに誰も見てないのかなとしばらく観察してたけど、ちらっとでも広告を見たのは、5人もいなかった。満員電車で。若い女の子がチラ見してたのと、オジサンとオバサンの夫婦はコピー読みながらなにか話してた。あと若いサラリーマンもチラ見しただけ。

佐藤雅彦さんは本か何かで「人が街なかで、ある広告を見てくれるのはだいたい1秒もない。その1秒で興味を惹かなっくっちゃいけない」と言っていた。

それで佐藤さんはポスターとかつくるときも、できたラフを会社の廊下に貼って、自分でその前を歩きながらチラッと1秒見て惹きのある表現になってるか試してたらしい。

もし自分が今回のトレインジャクのコピーを書いていたら、電車に乗った人は1秒以上見てくれただろうか。
はしご仕事
汐留→築地→銀座とハシゴで別々の打ち合わせ。

帰りにITOYAで補給物資を調達。前から迷ってたLAMYのペンを買おうか考えてやっぱり買わず。書くのが仕事だからペン類はデザインだけで選ぶとあとで困るので。ボールペンはゲルインクに慣れると他では書きにくい。LAMYがゲルインクだったらなあ。

その後、吸い寄せられるようにAppleストアへ。iPod shuffleを衝動買いしそうになるが思いとどまる。もともと部屋では最近音楽聴かないし、移動中は本を読むか仮眠したいから、音楽を聴く時間がない。でも買うならshuffleより窓のついたminiかなと実物をみて思った。

飛ぶように売れてたのは、やっぱりshuffle。512Mモデルなら1万で買えるっていう手頃感もありそう。

シリコンオーディオはApple以外デザインがゴテゴテしてイマイチなのが多いけどこれとかは好きです。
「OMIAI?。」(澤田知子)
きょう初めてみたサイト
「澤田知子オフィシャルwebサイト」

木村伊兵衛賞を獲った「ID400」を見てから、結構時間が経っていたのか、「ID400」の後もコギャルシリーズ、お見合いシリーズといろいろ展開されていた模様。

「ID400」は狙いすぎというか、ちょっとキツすぎるし、コギャルの「cover」は、微妙に普通でキツさが薄まってるし、「OMIAI?。」がそのへんのバランスがいいように思った。

OMIAI投票は、何回考えてもどれも選ぶに選べずもう選ぶのやめようかと思ったけど、目玉焼きが得意そうな21番にかろうじて投票。今晩、夢に出てきそうだ。

ガンシロ
恵比寿に打ち合わせに行ったら、コンビニの前にガングロ女子高生の地ベタ族がたむろってた。

ガングロってまだいたのか・・・。それに恵比寿でガングロ、恵比寿で地べた族っていうものめずらしいような。

ブログネタに携帯で撮ろうかと思ったけど、睨まれそうでやめた。

昔、お酒の広告でネシロっていうキャッチがあったけど、最近はああいうコピーは通りにくいのかな。それともただ単にコマフォトとかまんまり見てないから、見過ごしてるだけか。
「コピーライター」(有望100職種ハンドブック)
今日初めてみたサイト
「有望100職種ハンドブック コピーライター」

商工会議所の何かの調査結果?最初は、どこか変なところからのリンクでたどりついた。

これを見るとコピーライターが他の仕事と違う点は、35歳をすぎると再就職しにくい。経験重視。資格はぜんぜん必要なし。といったところか。

給料は30~34万が多数。大手代理店は別として会社員コピーライターなら納得の数字か。でもフリーでこれはかなり厳しいけれど。コピーライターの平均年齢って何歳くらいなんだろう。

いつも不思議に思うのだけど、おじさんコピーライターってあまり見なくて、若者のコピーライターが多いけど、おじさんになったら引退してるってこと?コピーライターが年とったら、みんなどうしてるの?

全員が代理店とかプロダクションの管理職になるのは物理的に不可能だし。
固さギンギン
「カタイというか、男っぽい(業種の)広告やってるねえ」と言われた。

フリーになると、発注してもらう仕事が偏りがちになる。ディレクターさんも、こういう業種はこのコピーライター、こういうのはあのコピーライターという感じで使い分ける。

でも、今までの仕事を見てもらったりしたら「いろいやってるねえ」と言われるから、単になんとなくのイメージでカタイ仕事が来てしまうのか。

前はファッションとか百貨店とか食品とかゲームソフトとかもやっていたのだけど、またやらかい仕事もさせてください。ギャラ以上のコピーと企画考えますので。
「音ログ」
きょう初めてみたサイト
「音ログ」

『「音ログ」は、あなたが日々聴いている音楽を、ブログのように記録していくネットサービス。カレンダーをクリックするだけの簡単操作で、先週聞いていた曲、去年聞いていた曲をチェックすることができます。

ユーザ登録を済ませると、あなただけの「音ログ」ページが提供されます。あなたが聴いている音楽を、ほかの人にも教えてあげることができます。』

やってみないと感じがつかめそうになりけれど、なかなか面白そう。iTunesを使わないといけないようなので、インストールしたりちょっと面倒そう。

トシをとるほど音楽を聴かなくなったのはどうしてだろう。体とか心が欲してないのか、単に時間がないか、音楽より優先するものがあるのか。

何ヶ月か前に急にハマったのは、グレン・グールド。ひたすらゴールドベルクばかり聴いてた。そのさらに何ヶ月前かは、くるりばっかり聴いてた。最近は全く音なし生活。ケミカル兄弟の新譜もまったく聴こうともしてないな。

ところでさっき偶然みたブログ、文中の単語に思わせぶりにリンクが貼ってあって、クリックしたらブログランキングだった。どうしてそこまでしてと思ってしまった。

初めて行ったら、結構な人が引っかかるのでは。どこかのブログに「あるジャンルのブロガーはとくにひどい。どのブログもみんな更新日時が未来になってて、リストの上位をキープしようと必死だ。人間として志が低すぎる。ああいう人間にはなりたくない」みたいなことが書いてあった。

その、文中ランキングリンクのブログは、かなりランキングの上位に入ってました。よかったね。
『封印された『電車男』』
ずっと前にまとめサイトを見てそれ以降、話題になってからも電車男に特に興味がなかったけど、立ち読みしたら面白そうだったので買ってみた。

そういえば、まとめサイトで見たときは中途半端な終わり方をしてたからその後どうなったのかと思ってて、この『封印された『電車男』』には、まとめサイト(=本家の『電車男』の単行本)に載ってない続きの話が載っている。

その続きの内容がどうというより、実はまとめサイトの内容がオリジナルの全投稿の6.4%にすぎないというのを知って驚いた。要するに電車男の話は、実際のログの93.6%がカットされていたということ。

電車男がここまでヒットしたのは、電車男が純情くんだったからじゃなくて、まとめサイトをつくった「中の人」の編集能力が優れていたからだとわかった。

この『封印された『電車男』』には、まとめサイト(=本家『電車男』)から削除された内容も紹介していて、それを読むといま世間で流通してる電車男のイメージと実際の電車男は微妙にズレてるのがわかる。

ただ、Amazonのレビューにも書いてあったけど、この『封印された『電車男』』で取り上げられてるログも全体のごく一部、数%だし、そこには著者の編集意図が入り込んでる訳だから、最終的には自分で全部のログを読んで自分で判断するしかない。

ついつい、さらっと読める本を選んでしまう。もっとまともな本を読みたい。

封印された『電車男』
安藤 健二

太田出版 2005-02-26
売り上げランキング : 5,869

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

電車男
中野 独人

新潮社 2004-10-22
売り上げランキング : 247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「年上だった彼女」
ちょっと前に初めてみたサイト
「GO BOY」
泣ける2ちゃんねる的なもの。

もともと、ほかのブログで「年上だった彼女」が紹介されいて、そのブログに「不覚にも感動した。心が汚れてると思った方は、見てみてください。 」と書いてあったのでリンクをたどって、ほかのもいろいろ見た。

で、心が洗われるどころか、自分の心が汚れてるということを改めて思い知らされた。

こういうのを見ると、素直に感動すればいいものを、余計なことを考えてどうも複雑な気持ちになる。

人が死んだら悲しい。そんなことはあたりまえだ。それは、戦争はいけません。地球環境を大切にしましょう。などと、おなじようなあたりまえさがある。暴力的なほどのあたりまえさ。

泣かせるなら、もっとほかの方法で泣かせてほしい。ほほう、そうきたか。その手があったか。まんまと泣かされてしまいましたよ、と思わせてほしい。人が死ぬのって悲しいでしょ?ほら。と、定番おかずを差し出されても、食べる前から味がわかってしまってるから、おいしさの感動も半減する。

いい悪いは別にして、こういうのに感動する人が多いってことは、いまの世の中は、食べる前から味のわかってるご馳走をみんな食べたいのだなと思う。でも本当に感動できるのは、今まで見たこともなくて、味の想像もつなかいんだけど、食べたらすごくおいしかったって料理じゃないのかな。

そういう意味でセカチュウなんてものは、みんなが味を認めた定番コース料理なわけで。世の中には、店の料理の味よりも行列のできる店に並ぶこと自体に価値を見い出す人もいる。白血病で大切な恋人が死ぬ。そりゃ、悲しいに決まってる。でもそういう設定を使わずに、世界の中心で叫びたいほどの悲しさとか孤独感を出すのが作家の役目のような。

というような理屈を考えてる自分というのは、どうしようもなく心が汚れてるなと思い知らされるのだ。

あ、「さよなら、青い鳥」のようなのは好きです。
やりたいざかり
昨日は昼頃に起きて恵比寿へ。
打ち合わせが長引いて次の打ち合わせに遅刻しそうだったけど、急いで本屋で資料探し。案の定、次の四谷での打ち合わせには大遅刻してしまった。

仕事以外に、本読んだり映画見たりどっか遊びに行ったり、やりたいことは山盛りだけど、ぜんぜん実行できず。堀江敏幸の「雪沼とその周辺」も数日間まったく読み進めず。

いままで毎日録画してご飯のときに見てたsaku sakuも、録るだけ録って見ないうちにどんどん消去状態なありさま。

電車の移動中、ポスターの中の木村カエラが楽しそうに笑っていた。
「くりろぐ」(滝川クリステル)
引っ越し前の旧ブログで続けてTBもらったので、そんなに見る人がいるならということで転記。

「くりろぐ---毎日の滝川クリステル姉さまについて考察を重ね,熱き血潮を滾らせるweblog」
クリステル姉さまウォッチャーの日替わりレポート。
毎日のコメントも面白いです。
この花粉症、どいつんだ
今日は一日中、事務所に引きこもり。
ああ、いい天気だ、世の中は春か・・・と窓の外を囚人のように眺めながら仕事。

1年前に営業しに行ったデザイン会社から急に電話があって、仕事の発注。初めての仕事を断ると二度と来ないの法則により、ありがたく仕事を受ける。

競合の仕事なので負けられない。今後の仕事にも影響するし、この前ほかの競合負けたところだし、勝ちたいところ。

050308_2159~001s.jpg

さて、花粉症。今年は10倍だの20倍だの言われてる割には、自分にはまだ来てなかったのだけど、なんとなく来たかも。もともと鼻が弱いから、これからの季節は本当にツライ。

というわけで、変なのが売ってたからこの前買っておいた。普通に薬を飲めば済むのだけど、新しもの好きの好奇心は抑えられない。

なんでも「ドイツ生まれの鼻腔塗布クリーム」とかで、綿棒で鼻の入り口に透明のクリームを塗るというシロモノ。花粉がそのクリームに付着して、中のほうまで入り込むのを防ぐとか。

効果はまた後日。
小御所
昨日は代理店でラジオCMの打ち合わせ。
何人かのコピーライターさんと一緒にやると聞いたけど、会ってみたら大御所の方だった。

どんな人とやるときでも、最初の仕事は先方がこっちのことをどう思ってもらってるか分からないから、なんとなく不安だ。何度か仕事をしていくうちに、そういう気持ちは全然なくなるのだけど。

大御所になるものいいけど、自分は中御所か小御所くらいがいいな。小御所にすらなれない人もいっぱいいるし。

どんどん仕事片づけないと、締め切りだらけ。
「ローマの一番よい三流のホテル」
今日はじめてみたサイト
「Tuner Hotel」(ローマ)

Turnerホテルは、三流のホテルです。ローマのセンタに建ててやりました。

とのこと。日本語の誤植というとアジア発の商品が多い気がするけど、ヨーロッパでもしっかり無茶な日本語してくれています。

そして、決めぜりふの「日本語ってやっぱり難しいんですね」。
と言いたいところだけど、それは一般論で、実は日本語の文法が世界の中で特別難しいということもないらしい。
せどらー失格
いま「せどり」が流行ってる。
ネットで「せどり」という言葉が出るときは、ブックオフで100円本を買ってきてAmazonマーケットプレイスで売ってその利ザヤを儲けるっていう狭い意味で使われる。

自分も本が好きだから始めてみたけど、1カ月で20冊くらい売ってすでに飽きてきた。

どきどき1円でしか売れないハズレを買ってしまうけど、だいたいこれが売れるなとか、自分も読みたいなと思って仕入れた本は売れてくれる。

でも、どこかのせどりブログに
「本当に本が好きな人は、本=商品と割り切れないからせどりに向いてない。」
と書いてあったけど、まさにそうで、
「自分が読んでから出品しよう」
とか思ってしまい出品してない本が部屋に山積みになってしまっている。

せどりはなんといっても包装、発送がめんどすぎる。100円で買ったものを200~600円で売るんだから、あたりまえのように薄利多売だ。

月に500冊売って、売上50、利益30と書いてたせどり専業の人がいたけど、これならどう考えても頑張ってコピー書いてたほうが・・・

とはいえ、本業が儲かってるとか儲かってないということとは関係なく、本業以外の収入ルートをつくってみようというのが目的だから、本業に力入れたほうがいいっていうのはちょっと話がちがうのだけど。
「大阪民国ダメポツアー」
今日はじめて見たサイト
「凋落する商都・大阪民国ダメポツアー」

もともと大阪のことは詳しくないけど、
世の中には知らないことがまだまだたくさんあるな。

大阪タタキ寄りのスタンスだけど、事実は事実なのだろうし。

大阪はどうしてオリンピック誘致ダメだったんだろう。
記憶喪失
いろいろ仕事することはあるのに、ぜんぜん進んでない気がする。振り返ってみたら、一体一日なにをやってたんだか・・・

昨日は某社ラジオCMの資料を探しに本屋へ。ホリエモンの本が文庫本になってたけど、とりあえず買わず。月曜午後の打ち合わせまでにラジオCM案もっと考えないと。

巨大な木造の体育館でなにかしようとしてるときに地震がきて、大きな木の柱がいっぱいドサドサと降ってくる中、
「ほら、やっぱり鉄筋にくらべて木造は安全でしょ」
と隣の人に言ってる夢をみた。いいかげん地震グッズも買っておかないとヤバイな。

『聞く技術』
タイトルだけ見ると、齋藤某氏の本みたいですが違います。
「一億総マーケター時代の」とあるようにマーケティングの本。

メールとかコールセンターでのお客様の声をどう聞くか
みたいなのが中心。

1「意見」ではなく「事実」に着目する。
2「けなし言葉(否定)」ではなく「ほめ言葉(肯定)」に着目する。
3「意識」ではなく「行動」に着目する。

とはいえ、そんなのはあまりどうでもよくて

聞く技術5 コピーの開発にはBMRを活用する。
--BMRから得られる20の視点で、いくつもコピーを開発することができる。

と、この項目の数ページのためだけに購入。
BMRというマーケティング手法をコピー開発に応用して

ターゲット
場面
ウォンツ
製品
属性
ベネフィット

の6つの要素をまとめて1つの仮説を立てて、
そこからコピー開発するというもの。
この組み合わせで何通りものコピーが開発できると。

たぶん、普段コピーを考えてるときと
思考の過程は同じなんだけれど、それを意識化して
もっと機械的に効率よくバリエーションを出すために使えるとみた。


一億総マーケター時代の聞く技術―「明日の売れ筋」をつかむプログラム
喜山 荘一

阪急コミュニケーションズ 2005-01
売り上げランキング : 3,559

おすすめ平均
中途半端な内容
★ ← [ホシ1つ追加!]
ほっとしました

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog引っ越し完了
blogを始めたものの
なかなか思うようなblogがみつからず、
goo→livedoor→FC2と、あわただしくblogを変えたこの週末。

とくにlivedoorは、ぜんぶカスタマイズし終わったあとに
pingがまともに送れないことを知って、精神的ダメージ大。

いまやっとここの設定が終わった。
こういうのってやりはじめたら途中で終われないから、
仕事がぜんぜん進んでない。

今度こそ定住したい。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。