スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
佐藤雅彦研究室展
あれだけ打ち合わせでしょっちゅう銀座行ってるのにギンザ・グラフィック・ギャラリーの<佐藤雅彦研究室展>に行けなかった。

もともと気付いたのが遅かったせいもあるし仕方ないか。

銀座といえば、いま東京国立近代美術館フィルムセンター「生誕百年特集 映画監督 成瀬巳喜男」で作品を一気に上映してるけど、これも行けずに終わってしまいそう。
スポンサーサイト
日本コピーライターズランキング
昔、もし「日本コピーライターズランキング」というのがあったら、自分は何位なんだろう?そもそも日本にコピーライターって何人いるんだ?

みたいな妄想をしたことがあった。ネットでいろいろ調べて、だいたい自分は1000位くらいか、などと根拠もなく勝手に思っていた。特に順位の基準を具体的に考えたわけでもなく、仕事の内容とか収入とかいろいろ総合してなのだけど。いまは700位~800位くらいなんだろうなあ。

そんなことを今週のTCCのリレーコラムを読んで思い出した。自分の仕事をいろんな世界に当てはめたことはあったけど、サッカー選手に例えたことはなかったな。

ということは、自分はJ2じゃなくて一応Jリーガーってことか。でも実際のJリーガーもなかなか大変なものがあるからな。20代半ばであっというまに戦力外通知で、サッカーとまったく関係ない仕事に再就職だしな。昔、知り合いだった代理店営業の人にも、もとJリーガーの人いたし。

それはそれとして、自分としては早く日本代表(≒TCC審査員?)に招集されるようになりたいものだ。いきなりレギュラーは難しいだろうから、まずは日本代表の控えになることかな。
お世話になってるCDが麻薬で逮捕
夢の話。

30代になっても「何かの試験中で自分の答案用紙がまだ白紙なのにもうすぐ試験時間終了」という、わかりやすい追いつめられ型の夢を見るのだけど、この前の夢はあまり意味がわからなかった。

テレビのニュースを見たら、「CMディレクターの○○が大麻所持で逮捕されました。○○は、代理店△△の社員で×××や□□□などのヒットCMを手がける売れっ子で・・・」というのをやっいた。

それを見ながら「あーあ、これであの人からの仕事もなくなるのか」と、つぶやいている夢。

今はこれだけ忙しいけど、それでも仕事がなくなる恐怖を感じているってことなのか。


木曜と金曜は、だいたい夜の11時から打ち合わせで朝まで打ち合わせの繰り返し。台風が心配だったけど、普通にタクシーで帰れた。

土日は仕事だけど、いつもの週末とくらべたら仕事を量は少なめ。

ホフマン式計算法
土日はいつもどおり普通に仕事。最近はあんまり面白そうな仕事をしてないので面白そうな仕事が来ますように。べつにオカルトじゃないんだけどこう書いておくといつもそのとおりになるから不思議だ。

今年の夏もとくに何もなく通過していったけれど、「スターウォーズ」も「普通じゃない人」も結局まだ見てない。

最近は家でシャーロット・ランプリングの「スイミングプール」を見たくらいか。

ぜんぜん映画とも仕事とも関係ないのだけど、偶然、「ホフマン式計算法」というのがあるのを知った。

交通事故などのとき、もし生きていたらこれくらい稼いでいたという、賠償額を出すためのものらしい。

それで、その計算法にはホフマン式のほかにライプニッツ式というのもあって、受け取る側はホフマン式のほうが金額が多くなって有利だとかなんだとか。

ところでT-1グランプリは、教育サービスを提供する会社がこんなことしていのかだの、全員ブサイクだの、お前ら虚栄心しかないのかだの、キャバ嬢にしか見えないだの、よくも悪くも盛り上がってるようで、このblogの検索ワードでも最近ずっと上位だけど、どういう結果になるのやら。
死亡フラグ
きのうガンダムを実況してるときに、やたらと「フラグが出たな。これフラグだな。」とみんなが普通に使ってて、なんのことかわからなかったので「フラグ」を調べてみた。

死亡フラグ
“死ぬ”ことへの伏線。フラグはゲーム・コンピュータ用語でこの場合「何かが起こるための見えない条件」といった意。物語などで以下のようなことがあると、その人物はその後死ぬパターンが多い。

・ヤクザが“足を洗う”ことを示唆する。

・風来坊が“根を下ろすこと”を示唆する。

・寡黙な人が、身の上話をする。

・厳格な人が、優しさを見せる。

・戦争で「無事に帰ってくる」「生きて帰れたら結婚してくれ」などと約束をしたり、「もし帰れたら、小さな店を開きたいんだ」などとささやかな夢を語る。

・戦時中に恋人の妊娠が発覚する。もちろん、幸せな家庭を一緒に築く約束を相手としている。

・目立たない脇役が目立つ。一話まるまる脇役のエピソードになるなど。

・今まで孤独だった人物が、愛や友情に目覚める。救いを求めて人と心が通じ合った直後など。

・今まで悪役だった人物が、愛や正義に目覚める。勇気を出して悪の組織を裏切った直後など。

・「ここは俺にまかせて先に行け」
急に自分の大切なものを我が子や親友などに託したり、遺言めいたことを言う。この時、「縁起でもないこと言うなよ」とツッコまれた場合、縁起でもなくなる確率が上がる。

・愛弟子に最強の必殺技を伝授し、自分自身がその技の試し台になる。この時、弟子が師匠を「勘違いで憎んでいた」場合、まず死ぬ。
一人でシャワーを浴びに行く、カップルが二人っきりでイチャイチャするなど。(※ホラー映画限定)

・殺人事件などが起きたとき、主人公よりも先に犯人の正体に気付いてしまうと、次の被害者への道が開かれてしまう。(※ミステリー・推理物など)

・ホテルのロビーに響き渡る大声でフロントに凄い剣幕でキレる。(※ミステリー・推理物など)

・宇宙戦艦ヤマトの艦長に就任する(特に劇場版)

・「君を絶対に死なせない」と真顔で約束される

ただ、最初にわざとフラグを見せて観客にその人が死ぬと思わせておいて、最後に死んだと思ったら実は生きていた、といった演出に使われることもあるので、一概に信じ込むことはできない。

以上、「はてなダイアリー」より



む、面白い。実況でもあたりまえのように使われていたし、検索でもいっぱひっかかるってことは、そこそこ常識っぽいことだったのか。なんとなく取り残されていた気がする。

昔、ホイチョイプロダクションが書いた「OTV」という、いろんなジャンルのテレビ番組のお約束パターンをいつものホイチョイぽく解説した本があったけど、それを思い出した。(おすすめ。運が良ければ古本屋で見つかる)

ガンダムでいろんな人が死んでしまうけど、そう言われてみればガルマとかミハルとかスレッガーとか、わかりやすいフラグが出ていたな。

ホワイトベースのもともとの艦長(ブライトじゃない)とか、マチルダさんとか、リュウとか、ザビ家一同とかは、フラグが出てたかイマイチ覚えてないから今度確かめてみよう。

でもこれを上手く応用すれば、お決まりのドラマツルギーじゃない予想を裏切る脚本とか小説が書けるってことか。世の中にはまだまだ知らないことが多い。


追記

どこの業界から一般化した言葉かと思っていたら、恋愛シミュレーション、ギャルゲー(のプレイヤー)業界からの言葉だったのか。なるほど。
洗濯ガンダム
おとといは朝まで仕事をしようと思ってたらいつのまにか寝てしまい、早めに目が覚めてそこから仕事。

夜の9時からの打ち合わせがなかなか終わらず、深夜タクシーで帰宅。

それで金曜の予定が狂い、昼間は事務所で仕事することになったので行くつもりのプレゼンをほかの人に任せた。夕方にコピーを送って、ほかは月曜出しのコピーばかりなので金曜に仕事をやる気はなくなって、ぜんぶ土日にやることにする。

夜からBSで始まった9時間ガンダム特集(ファーストガンダム)を洗濯したり食事したり実況したりしながら、けっきょく最後まで見て現在に至る。

月9「スローダンス」の深津絵里のお母さんの再婚相手役で岩松了が出ていて驚いた。知り合いからどうしても出て欲しいと頼まれたのか、なんなんだろう。


GOIGOIさんとヒムロックのライブ
きのうは地震で目が覚めた。そんなことめったにないから、さすがに大きい地震だった。

それから仕事を始めて夜の8時から打ち合わせ。ダブルブッキングでもうひとつの打ち合わせに出られず、電話で打ち合わせの内容を聞いて事務所に戻って仕事の続きで現在に至る。

今から7時間後にまた打ち合わせ。午前中の打ち合わせが入ると眠くてしかたない。saku sakuのご意見番(GOIGOI)さんがクモ膜下出血で亡くなった。どうやら過労らしい。歳も近いし人ごとじゃないな。自分も6月7月は体調ヤバかった。

おとといの夜中、WOWOWで氷室京介のライブをやってた。たぶん今回のツアーだけなのだろうけど、BOOWYの曲ばかりやってて、めずらしくなんだか昔のことが妙に懐かしくなった。無性にビデオ(いまはDVDか)のCASE OF BOOWYが観たくなった。

ずっと昔、あらゆる知り合いをたどって譲ってもらった、公式に発売されてない12月24日の渋公解散宣言コンサートの録音テープとか、Last GIGSのビデオテープとか持ってて観てたけど、もうamazonで普通に売ってるのだな。

番組中、氷室が「今回のバンドをバックに歌うボウイにも満足してる」みたいなことを自分に言い聞かせるように言ってたけど、布袋とくらべたらあまりにもなギターなのは明らかだし、氷室もほんとは布袋に弾いてもらいたかったのでは。というか、自分も布袋がボウイの曲弾いてるとこ観たかった。

いまの布袋さんは、いろんな意味ですでにあの頃の布袋さんじゃないのが悲しい。

1224
B00005RGUXBOOWY

東芝EMI 2001-12-24
売り上げランキング : 2,361

おすすめ平均 star
starライヴヴィデオというりは
star涙のクリスマスイブ
star見てきました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ:3カ月続く人は全体の55%どまり
世界1420万件以上のブログを調査した結果、ブログを始めて3カ月つづく人が55%。週1回以上記事を書き込む人は13%しかいないらしい。

もしブログの内容がそこそこよければ、半年以上、毎週2回ほど更新していけば他のブログと差別化できてそれなりに生き残って読んでもらえるブログになるということか。

というか、そもそも本人の根気が続かず挫折するのか、読んでもらえないからやめてしまうのかな。

自分の場合は、最初一応目的を考えたけどいい目的が思いつかないままブログを始めたけど、アフィリエイトその他の何か商売目的でブログをするなら「半年以上」「週2回以上」更新すればなんとかなるのかも。

お盆だからというわけで地元の友達に連絡してみたら、実家で奥さんと子供とすごしてるやつ、海外出張から帰ってきてバタバタしてるやつ、一人で海にナンパしに行ってるやつと、同じ歳でも人生いろいろだ。

ここ何週間はやや仕事が落ち着きぎみで土日のどっちかは休めていたのが、また完全に休みがなくなりそう。

「週刊誌のおんな」(週刊誌の表紙)
きょう初めて見たページ
「週刊誌のおんな」

NHKの語学講座「ハートで感じる英文法」に出てる「いとうあいこ」検索中にひっかかった。

「くりろぐ」っぽい定点観測というか、いま誰が売れてるのかよくわかりそう。でもやっぱり「くりろぐ」がいい。偶然、「くりろぐ」でgoogleのイメージ検索したら壮観だった。

しかしせっかく郵政関連の特別報道番組でいつもと違う時間に滝川クリステルが出てたのに、管理人さんの夏休み中とかで載ってなかった。
ハインリッヒの法則
T-1グランプリ(美人家庭教師)
きのうは郵政法案の投票日だったから家でテレビを見ていたかったけど、打ち合わせがあってぜんぜん無理だった。

株が思ったよりぜんぜん暴落せず、あっというまに法案否決を織り込んでどんどん上昇してびっくりした。きょうの上昇は小泉自民勝利を織り込んだ上昇だったんだろうか。もともと選挙前の株価は上がると言われているけれど。

きょう初めてみたページ
「きみが選ぶ!!No1インターネット家庭教師」

家庭教師のトライは知っていたけど、こんなことになっているとは。お茶の間留学の家庭教師版か。

プロフィール写真の写りが全体的によくなくて、ブログを見ないと普段の顔がわからなくてなかなか辛いものがあった。

プロフィール写真をざっと見た限りでは決定的な先生がいなかったけど#029加古紗都子先生がかわいかった。

ぜんぶのブログを見る体力はとうていないが、気になる先生のブログを見てみたら、さすがに上位だけあって(プロフィール写真は普通だけど)1位の安藤紗代子先生と2位の小正裕佳子先生もかわいかった。

#001八田亜矢子先生は、友達から「亜矢子って山田優に似てるよね」と言われていそうで、本人もそれを意識してそうだが、いががなものか。


追記
八田亜矢子先生は2004年のミス東大、小正裕佳子先生は2003年のミス東大だった。やっぱり出たがりの人というのはだいたい決まっていて、だいたいいつも同じメンバーがいろんな違うコンテストとかで顔を合わせてるんだろうなあ。出たがりと言っても言い方を変えれば積極的、前向きということだから、出たがりが悪いことという意味ではなく。
[T-1グランプリ(美人家庭教師)]の続きを読む
プール
日曜はそれほど忙しくなかったので、久しぶりに近所のプールへ。

最近ずっとジョギングをしてないせいもあって、結構しんどかった。
朝なのか夕方なのか
最近は赤坂と銀座通いの日々。

事務所に戻って仕事しながら睡魔が限界にくるたび仮眠して、起きてまた仕事の続きをしてまた仮眠の繰り返し。

ちょっと前、仮眠から目が覚めたら外がほの暗く夕方ぽくて、でも本当に夕方なのかそれとも夜明けなのか、時間の感覚がおかしくなった。

時計を見たら夜明けだった。

自分はあまり関係ないけれど、そろそろクライアントの方々がお盆休みなので、来週あたりはもうちょっと落ち着きそう。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。