スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
死亡フラグ
きのうガンダムを実況してるときに、やたらと「フラグが出たな。これフラグだな。」とみんなが普通に使ってて、なんのことかわからなかったので「フラグ」を調べてみた。

死亡フラグ
“死ぬ”ことへの伏線。フラグはゲーム・コンピュータ用語でこの場合「何かが起こるための見えない条件」といった意。物語などで以下のようなことがあると、その人物はその後死ぬパターンが多い。

・ヤクザが“足を洗う”ことを示唆する。

・風来坊が“根を下ろすこと”を示唆する。

・寡黙な人が、身の上話をする。

・厳格な人が、優しさを見せる。

・戦争で「無事に帰ってくる」「生きて帰れたら結婚してくれ」などと約束をしたり、「もし帰れたら、小さな店を開きたいんだ」などとささやかな夢を語る。

・戦時中に恋人の妊娠が発覚する。もちろん、幸せな家庭を一緒に築く約束を相手としている。

・目立たない脇役が目立つ。一話まるまる脇役のエピソードになるなど。

・今まで孤独だった人物が、愛や友情に目覚める。救いを求めて人と心が通じ合った直後など。

・今まで悪役だった人物が、愛や正義に目覚める。勇気を出して悪の組織を裏切った直後など。

・「ここは俺にまかせて先に行け」
急に自分の大切なものを我が子や親友などに託したり、遺言めいたことを言う。この時、「縁起でもないこと言うなよ」とツッコまれた場合、縁起でもなくなる確率が上がる。

・愛弟子に最強の必殺技を伝授し、自分自身がその技の試し台になる。この時、弟子が師匠を「勘違いで憎んでいた」場合、まず死ぬ。
一人でシャワーを浴びに行く、カップルが二人っきりでイチャイチャするなど。(※ホラー映画限定)

・殺人事件などが起きたとき、主人公よりも先に犯人の正体に気付いてしまうと、次の被害者への道が開かれてしまう。(※ミステリー・推理物など)

・ホテルのロビーに響き渡る大声でフロントに凄い剣幕でキレる。(※ミステリー・推理物など)

・宇宙戦艦ヤマトの艦長に就任する(特に劇場版)

・「君を絶対に死なせない」と真顔で約束される

ただ、最初にわざとフラグを見せて観客にその人が死ぬと思わせておいて、最後に死んだと思ったら実は生きていた、といった演出に使われることもあるので、一概に信じ込むことはできない。

以上、「はてなダイアリー」より



む、面白い。実況でもあたりまえのように使われていたし、検索でもいっぱひっかかるってことは、そこそこ常識っぽいことだったのか。なんとなく取り残されていた気がする。

昔、ホイチョイプロダクションが書いた「OTV」という、いろんなジャンルのテレビ番組のお約束パターンをいつものホイチョイぽく解説した本があったけど、それを思い出した。(おすすめ。運が良ければ古本屋で見つかる)

ガンダムでいろんな人が死んでしまうけど、そう言われてみればガルマとかミハルとかスレッガーとか、わかりやすいフラグが出ていたな。

ホワイトベースのもともとの艦長(ブライトじゃない)とか、マチルダさんとか、リュウとか、ザビ家一同とかは、フラグが出てたかイマイチ覚えてないから今度確かめてみよう。

でもこれを上手く応用すれば、お決まりのドラマツルギーじゃない予想を裏切る脚本とか小説が書けるってことか。世の中にはまだまだ知らないことが多い。


追記

どこの業界から一般化した言葉かと思っていたら、恋愛シミュレーション、ギャルゲー(のプレイヤー)業界からの言葉だったのか。なるほど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。