スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『生協の白石さん』
誰か偉いおじさんが「資本主義社会では、すべての物が商品になる」みたいなことを言ってた気がするけど、本当になんでも商品になるのだなあ。

ずっと前にネタとしてネットのどこかで見たことのある「白石さん」。また別の偉いおじさんが「差異こそが価値を生む」みたいなことを言っていたけど、ふつうの生協のおじさん(お姉さん?)とちょっとちがう、その「ちょっと」の方向性が時代に受け入れられたのだなと思った。

内容は面白いです。というか、よく見たら発売は11月だとか。

「生協の白石さん」

仕事は忙しくもなくヒマでもなく。今くらいがちょうどいい。しかし、手離れのよくない仕事が多くて、いかがなものか。

生協の白石さん
4062131676白石 昌則 東京農工大学の学生の皆さん

講談社 2005-11-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。