スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『ひとつ上のアイディア。』
日本中のコピーライターの4人に1人は読みそうだから、読んだほうがいいというより、読まないと差がついてしまうような。

読み始めたばかりだけど、なんとなく昔の広告批評編『広告大入門』より中身が濃いような。なんとなく。

ひとつ上のアイディア。
4844321889眞木 準

インプレス 2005-11-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


広告大入門
4944079109広告批評

マドラ出版 1997-04
売り上げランキング : 1,674,420


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私の広告術
4944079192広告批評

マドラ出版 2000-03
売り上げランキング : 253,461

おすすめ平均 star
star日本の広告クリエイターの特異性
starものをつくること

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お知らせ
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
昔の広告もとりあげはじめました。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2006/12/22
(金) 21:43:14 | URL | kemukemu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
以前に宣伝会議賞に関するエントリーでも少し触れた「ひとつ上のプレゼン。」の続編「ひとつ上のアイディア。」があちこちで話題になっています。有楽町の紀伊国屋書店に行ったらビジネス書売り場にPinkの表紙がどーーんと並べられていて結構インパクトありました。売れてい
2005/11/26(土) 18:31:52 | Good Bye Internet .com
「ひとつ上のプレゼン」に続くシリーズ第2弾「ひとつ上のアイディア」を読んだ。このシリーズの良い所は、それぞれの実戦経験から得られた方法論だから力強さがある点だ。あまりシステマチックに語られても実感がわかないが実際の思考のプロセスをなぞることができる。息詰
2005/11/21(月) 23:28:09 | 日本サッカーホールディングス
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。