スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スターウォーズで性善説と性悪説
長くなりそうでなかなか書く気にならなかった、去年スターウォーズを見に行ったときにふと思った性善説と性悪説について。

そうあの、人間は生まれながらに善人なのか悪人なのかというやつ。

どこかのブログで「今の世の中は性善説で成り立ってる」と、コストの面から言ってる人がいて面白かった。つまり、性悪説だといろんなことにコストがかかりすぎて、やってられないから性善説なのだと。

自分が思いついたのも性善説が正しいんじゃないかという理由。進化論と言っても詳しいことはよくわからないけど、人間の進化の過程を考えると性善説のほうがしっくりくるかなと。

進化論には自然淘汰説とか用不用説とかがあるけど、もし人間が生まれながらに悪なら、進化の過程で人間の体は悪から身を守るような構造に進化してるはずだなと思った。

わかりやすく例えると、亀は外敵から身を守るために進化の過程で固い甲羅を持った(ほんとか?)、だったら人間が悪の生き物なら他の人間から自分を守るために、甲羅的な器官が進化の過程で発達していてもおかしくないんじゃないか?

でも実際の今の人間には甲羅はない。皮膚なんてかなり弱々しい。ちょっとした道具や武器で、すぐ生命に深刻なダメージを受けてしまう。これは、人間どうしはもともと善で、お互いを傷つけ合わないという前提に立ってるんじゃないか?だから、そういう進化が不要だった。

つまり、生まれながらに人間は善人という前提。だから性善説。

ただし、いまの話は暴力とか、目に見える力としての悪だけれど、精神的な悪も、この論理があてはまるのかどうか。

みたいなことを、あまりにもあっけなくダークサイドに落ちたアナキンを見ながら考えていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。