スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
乞食と転売屋とニンテンドーDS Lite
dslrakusatsu


delkojiki


ニンテンドーDS Lite欲しいけど、すぐには手に入らなさそう。

それにしても定価1万7000円のものを5万円でも買いたい人がいるというのも不思議なものだ。

この品薄騒動でわかったことは、たとえ1カ月~半年後に100%確実に定価で手に入るものでも、品薄感や人より早くという心理をつっつけば人は徹夜で列をつくるということ。

何も「今しか手に入りませんよ!」「世界に○○個しかない貴重品ですよ!」というアプローチのプロモーションを仕掛けずとも、ブームや熱狂的な購買欲は作り出せる時代だというのがわかって面白かった。

それにしても転売屋さん。1万7000円を2万5000円前後で売って、利益は1万円前後。素人の商売としては、夜中から何時間(この前の土曜なら約7、8時間?)も列に並ぶことを考えると効率が悪くてなかなか苦しいものがある。

プロ転バイヤーはどういう商売をしてるんだろう。写真を見ても、雇われた乞食のおっさんたちが列にいっぱい写ってるけれど、バイト代の相場は一晩列に並んで一人5000円。

例えば100人体制の場合。10000円(1台転売の売上げ)×100台-50万(乞食の人件費)=50万(利益)

つ、つらい。深夜、早朝から100人の臭いおっさんおじさん方を仕切って、ヤフオクに出品してお客さんとやりとりして商品発送して、その報酬が50万かあ。どう考えてもマジメにコピー書いたほうがよさそう。

それにしても、早く街の量販店にDS Liteが並んでほしいな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。