スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
新語・流行語大賞
2005年度版が発表されていた。今まで、ちょいズレおやじたちが独自で審査していて、選ばれる言葉も時代にちょいズレだったように思ったけれど、まず読者アンケートで選ばれて、そのあと審査員が選ぶらしい。これって、前からこうだったんだろうか。

やっぱり、おじさんたちの好きな「想定内(外)」は2位に入った。(サイト内参考リンク)

来年の流行語大賞は早くも「下流社会」が入賞決定か。本の評価はイマイチ(ぜんぜん読んでないからわからない)みたいだけれど「バカの壁」並に言葉として流通する兆しがある。


小泉劇場 自由民主党幹事長 武部勤 さんほか4名

想定内(外) ライブドア社長 堀江貴文 さん

クールビズ 環境大臣 小池百合子 さん

刺客 該当者なし

ちょいモテオヤジ LEON編集長 岸田一郎 さん

フォーー! タレント レイザーラモンHG さん

富裕層 すみしんウェルスパートナーズ社長 田中嘉一 さん

ブログ 「鬼嫁日記」のブロガー カズマ さん

ボビーマジック 千葉ロッテマリーンズ サブロー さん、今江敏晃 さん

萌え~ 秋葉原のメイドさんグループ 完全メイド宣言 さん


萌え~は、初めてその言葉を見てから少なくとも5年以上は経ってる気がするけれど、やっと一般化したらしい。それにしても最近テレビの秋葉原特集が異常に多い。
えきねっとのファーゴのポスター
最近、打ち合わせに行く途中に駅に貼ってある「えきねっと」のポスターを見るたび、ファーゴ(映画)のポスターに見えて仕方なかった。

今日やっとくらべてみたら、似てるような似てないような。これをつくったADさんは意識してたんだろうか。

20051126053900

ファーゴ

「糸井重里×永江朗」感想ブログリンク集
100ドルPC欲しい
MITメディアラボのネグロポンティさんが進めてる100ドルPCの正式デザインが発表された。

PCの普及してない国の政府に一台100ドルで売って、その政府が子どもたちに無料で配るというやつ。

広く一般の人たちにも売ることを考えていて、各方面に働きかけているらしい。価格は寄付の意味も含めて確か200ドルちょっとだった気がする。このデザインとスペックで200ドルなら買うだろうなあ。手巻き巻き巻きで充電もできるし。

しかし、プロトタイプのデザインのときはもっとシンプル&未来チックな大人の雰囲気だったのが、正式デザインでは急にポップになってLEGOっぽい。基本が子ども向けだからこういうデザインにしたみたいなことが書いてあったけど、プロトタイプのままがよかったなあ。

学生の頃だかに、京都会議場までネグロポンティ講演会を聞きに行ったけど、あれからずっとメディアラボの所長してるってことは一体何年?

追記

・Nicholas Negroponteは今は所長じゃなくて理事長でした。

MIT Media Lab $100 Laptop ページ(英語)

追記

$100ノートPCの動画、CTOインタビュー
どうしてキーボードが分離してるのかなと思ったら、「国ごとに配列が違うから取り替えられるように」みたいなことを言っていた。なるほど。


正式デザイン発表前の記事

100PC1

100PC2

100PC3

100PC4


「糸井重里×永江朗」トーク(宣伝会議)
今週土曜日の「宣伝会議 教育講座50周年特別講義 糸井重里×永江朗」、申し込もうと思ったのだけれど、コピーライター養成講座が何期だったかとか覚えてないし修了証もどっか行ったから申し込めなかった。

仕方ないから、ほぼ日でやってくれるライブ中継を見る予定。土曜に急ぎの仕事がなければいいのだけど。
JTB宇宙旅行(小霜さん)
小霜オフィスの小霜和也さんの日記を久しぶりに読んで2回驚いた。

小霜さんが宇宙旅行に申し込んだことと、JTBに「JTB宇宙旅行」というページがあって、普通に宇宙旅行の案内&募集をしていたこと。

気になる旅行費用は、月旅行コースが約110億円、宇宙ステーション1週間滞在コースが約22億円、小霜さんの申し込んだ弾道飛行コースが約1100万円。

ただ、出発はすぐではなくてロケットが完成する2007年か2008年になるそう。

基本は分割払いで、優先的に出発したい人は一括なんだとか。そして小霜さんは一括払い。むー、さすが。もし自分が一括払いしてしまったら、一挙に蓄えが減ってしまうものな。

弾道旅行

大人は、とっても長いから。
えきねっと(JR東日本)大人の休日倶楽部のポスター(吉永小百合さんの出てるやつ)のこのコピーを見たときは、きっと名のあるコピーライターか、それともセンスのいい若手のコピーライターの仕事にちがいない、誰の仕事なんだろうと思っていた。

後日わかったのは、このポスターのコピーは児島令子さん。名のあるコピーライターさんの仕事だった。

最近、新作ポスターが駅に貼ってあった。
旅の夜、読書というもう一つの旅がはじまる。みたいなやつ。

あたりまえだけれど、名のあるコピーライターは打率が高い。

大人は、とっても

事務所開き
知り合いの人が独立して事務所開きのパーティがあった。

知り合いと言っても、グラフィック系の人じゃないのでお客さんもCM関係、映像関係の人が多く、数人しか知ってる人がいなかった。

事務所はたいそう立派だった。自分はあんまり立派な事務所は必要ないな。事務所の感じとか乗ってるクルマで自分のステータスをアピールしたほうがいい場合もあるのはわかっているのだけれど。
LimeWire
最近、P2Pはぜんぜんやってなかったのだけど、偶然LimeWireというのがまた新しいP2Pとして出て来てるのを知った。

さらっと見た限りだと、MXのサーバーがなくなったみたいでMXからの乗り換え組が多い雰囲気。

すぐに試してみたいけど仕事ができなくなるので改めてやってみる予定。

新型iPodの動画ソフト環境が整ってないからこういうのがさらに活気づく気がするが、すぐハードディスクがいっぱいになるから、個人的にはあんまりやりすぎないようにしないと。
電通に行きたいかーっ
やっぱり木村さんは電通に行ったのか。

木村さんとは面識ないけれど、最近知り合いで電通に行く人が多い。

電通に行って急に名前を見なくなる人が多いけど、競争が激しいのか、仕事を頑張る気がなくなるのか、どうなんだろう。
TCCのパーティ
ご歓談の時間が短すぎて、あんまり挨拶とか話とかできなかった。

デザインに凝りすぎてすぐ汚れたりボロボロになる年鑑がときどきあるけれど、2005年版はすっきりキレイでいい感じだった。例年よりやや薄いのは掲載点数が少ないのか?

また忙しくなりそう。

「ゲーム理論」でノーベル経済学賞
今年のノーベル経済学賞は「ゲーム理論」の学者たちだそう。

もともと昔からある理論だし、日常でも応用できる考え方だし、根本的にはあまり難しくない考え方なので、たぶんまた本屋などで「ゲーム理論」コーナーができたり、ちょっとしたゲーム理論ブームになりそうな気配。

ゲーム理論とはちがうけど、昔学校でリカードの比較生産費説の説明を聞いたとき、それぞれの国が自分たちの得意分野に特化して貿易したほうがお互いの国の利益になるというのが簡単な算数ではっきりわかるというのを知って驚いたのを思い出した。

中学、高校で習うときは単に「イギリスの経済学者リカードは、ある国が他国と比べて生産効率の高い(比較優位な)生産物に特化することで、それを他国と交換することが利益につながる比較生産費説を唱えた」みたいに習ったけど、数学的な証明じゃなくて、こうあるべきだみたいな根拠のない理想論なのかなと勘違いしてたのは自分だけなんだろうか。
ホワイトバンドに気をつけろ
テレビとかで紹介されるたびに、本屋の店頭とかで若者たちがうれしがってわいわい買っていくたびに、この人たちは本当にホワイトバンドの「仕組み」を知ってるのか?と思ってしまう。

どうもみんな、あれを買うとその収益金の一部が世界の貧しい人たちに寄付されると勘違いしてるっぽい。でも実際は1円も寄付されない。

この前、知り合いにそのことを説明したら「えー、そんなアホな」と、東京生まれが関西弁で言っていた。あのお金は、「世界から貧困をなくそうという意識を高めるための活動資金」になるだけ。店頭ポスターやパッケージをしっかり読めば書いてあるはず。

要するに「みんながホワイトバンドを身につけるようになったら、世論やマスコミが世界の貧困に目を向けるようになって、やがては国や世界まで動かすはず。そうなるように自腹でホワイトバンドを買って、みんなで身につけよう」という運動。

そのあたりをくわしく説明するのが面倒だなあと思っていたら、ちゃんとまとめサイトができていた。

しかし、まとめサイトを読むまでまさかサニーサイドアップが仕切ってるということまでは知らなかったから驚いた。

ブログ内関連リンク
おなじ仕事ばかり
今は手離れのよくない仕事ばかりで、同じ仕事を何週間もずっとやっている。

新しい仕事のお声はかかるものの、あまり受けられない。そのため売上げも停滞。

その割には自由な時間もないし。

最近欲しいもの→ハンディGPS
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。