スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
25時間テレビ感想文(The Waveを中心に)
25時間テレビのドラマって、そんなに面白かったかなあ。

blogのあちこちを見てみると、面白いと書いている人が多かった。

さすが栗原某の企画らしく、発想はドラマ「24」のまんまパクリで、中身は「乗っ取りのテロリスト 対 フジテレビ」というストーリー展開が「乗っ取りのライブドア 対 フジテレビ」のメタファーになっているというあからさまな内容。

一見、高尚な思想を持って乗っ取りをかけてきたテロリストの本当の目的はカネだった=ライブドア。「電波は夢と希望を運ぶ波や!金のために電波を使うな!俺らは電波にプライドを持ってるんや!」

確かに社内の企画会議での受けは良かったにちがいない。広告の世界でもお客様へメッセージするのと同時に社員の意気を高めるために広告を打つ場合があるけど、このwaveもフジテレビ社員が見てスッキリするようなマスターベーション的な要素が多分にあって、自分としては「そんなメッセージを第三者の自分にいわれても関係ないし」と冷めて感情移入できなかった。

テレビ局員が立場的にも収入的にも特権階級であることは一般人にももう十分わかっているし、そんなテレビ局員たちが電波には夢がとか言われても、「自分たちだって金のために電波を使ってるのでは?自分たちの特権的な生活が脅かされるのが恐いだけでしょ?」と思ってしまうし、あんまり説得力がないような。

売れっ子芸能人が節約生活に励んだり、儲けまくっている森永卓郎に年収300万時代の・・・と言われても説得力がないのと同じ気がする。

作り手側にいる自分がこんなことを言うってことは自己否定してることになるのかな。

うむむ、しかしそういうのを抜きにして、あのドラマが面白いって言ってる人はどこが面白かったんだろうか。

手に汗握るハラハラドキドキのサスペンス?そんなところあったかな。予想もしてなかったびっくりのどんでん返し?うーむ。スターたちの普段みれない表情と豪華な競演。これはありそうだ。しかし、それのどこが面白いんだろう。それじゃ、新春かくし芸大会とおなじレベルだ。

さんまの「電波は夢と希望を運ぶ波や!・・・」のフジテレビ思想の演説も薄っぺらすぎて、エンディングで鶴瓶がやった「客良し、店良し、世間よし」のフリートークの内容のほうがよっぽど共感した人が多いんじゃなかろうか。それが(元構成作家の)脚本家の人と売れっ子芸人のレベルの違いと言えばそれまでだけど・・・。

とはいえ、最後は結局お涙ちょうだいかよ!と冷めていた若者も多かったようで。でも個人的には、もんたの嘘泣き大合唱エンディングよりぜんぜんよかった。
(sakusakuの)ジゴロウ引退
先週、今週と黒幕が出すぎていると思ったら、ジゴロウが引退するらしい。「来週からはジゴロウver.2だ」みたいな落ちなんだろうか。

それにしても、松下奈緒相沢紗世の区別がつかない。

どっちも好みだけど、究極の選択だこれは。僅差で相沢紗世かな。



追記

ジゴロウのキャラクターの権利関係のごたごたが原因らしい。徹夜明けに見てるだけで特にサクサカーじゃないからよく知らなかったけどDVD発売が延期になったりのごたごたも同じ理由だった模様。おそまつ。ジゴロウ生みの親サイトより「ファンの皆様へ」
『ミスティック・リバー』
重厚な映画だったけど、特別いいという訳でもなかった。シネスケの評価が3.5と自分のイメージより結構低かったのが意外。

ストーリー自体は天童荒太が書きそうな、ミステリーとはあまり言えないミステリー風。

少年時代の「あの事件」から父親になったデイブが息子と歩くシーンにストーリーがジャンプするけど、まさにその映像にされてない「あの事件」以降のデイブ、ジミー、ショーン3人それぞれの歩んできた今までの人生を想像することが、この映画を見ることなんじゃないかなと思った。

最後が普通の終わり方じゃないのがよかった。
「エンジン」最終回
よくあんなドラマを最後まで欠かさず見たなと思う。そんな自分を誉めてあげたい。

あまりドラマは見ないけれど、今までのドラマのワースト1のような。

レースが終わってみんな拍手の場面は全国の視聴者(キムタクファン除く)1500万人ドン引きの予感が・・・。

「おまえら10数えろ」のところは良かった。

どこかのブログで「泣きそうになると能面のようになる小雪の顔」というのを読んで以降、どうみても小雪の顔が能面(というか般若)にしか見えず困った。
太田光の向田邦子
NHKでやってたのか。今日は2回目だったみたいだ。今朝早朝の1回目の再放送にも気付かなかった。来週からちゃんと見ないと。

このまえずっと見てなかった「冬の運動会」偶然見たのは、この前触れだったんだなあ。
『冬の運動会』
ええもん見せてもらいました。向田邦子だからいいはずっていう贔屓目も多少はあったのかな。

1977年の連ドラじゃなくて今年の正月に日テレのドラマスペシャルで放送したバージョン

根津甚八が岡田准一、いしだあゆみが長谷川京子になってた。

「阿修羅のごとく」よりこっちのほうがよかった。両方とも「仮面家族」「女は強い」というテーマは似ていたけど。

ドラマでここまでよかったのは去年ケーブルテレビで見た山田太一「早春スケッチブック」以来のような。77年のオリジナルのほうがもっとよさそうだけどDVDとか出てるのかな。

こういうまともなドラマ見ると、今どきのドラマはとても見る気がしなくなってしまう。

でも今どきはこういうドラマはニーズがないのかなたぶん。みんなが見たいのは、コテコテ「冬ソナ」路線か、ドロドロ「薔薇と牡丹」路線か、キャーキャー「エンジン」路線か、おバカ「タイガー&ドラゴン」路線か、というところなんだろうか。

そういえは、「阿修羅のごとく2」も録るだけ録って見てなかったな。
『機動警察パトレイバー 劇場版』
たまってたDVDの中から適当に選んだら「機動警察パトレイバー 劇場版」が目に付いたので観てみた。

もっと他の映画観ればよかったかなぁ。アニメ観るなら「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」にしたほうがよかったか。
これが「エンジン」の最終回だ
月9の「エンジン」を惰性で毎週観ているけど、どうしてあそこまで面白くないのか。「タイガー&ドラゴン」の面白さと差がありすぎる。

キムタクのレーサーの話と、ちびっこハウスの話と、ストーリーの柱が2つあるのだけど、レーサーの話はこの先どうなるのか!?と興味がわくが(でも岡本綾のミニスカはちょっと脚の形が変で似合ってないけど)、ちびっこハウスの子どもたち一人ひとりのエピソードは、まったくもってつまらなすぎとしかいいようがない。自分だけなのか、みんなそうなのか。キムタクさえ見れれば満足という人はおいといて。

きょう会った人とその話をしていたら、「ちびっこハウス存続の話題が出た瞬間に、最終回までのストーリー全部わかった。もう見る必要ない」と言っていた。

「このあとキムタクがレーサーに復帰して、その賞金でちびっこハウスの経営を立て直す(新しい場所にちびっこハウスを建てるのかな?)。最終回のラストシーンはキムタクがきわどく優勝して、バラバラになってたハウスの子どもたちが、『次郎~!』とか言いながら集まってきてみんなで感動の再会」とか言っていた。

確かにそうなる確率高そう。そう言われると最終回を確かめたくなるなあ。

きのうは、やや仕事が落ち着いたため、知り合いと飲み。寝不足すぎてすぐに酒がまわって辛かった。とはいえ、日曜も仕事。

『穴 HOLES』
録画しておいた映画を観た。

フランス映画の脱獄ものの名作と言われてる「穴」じゃなくて、アメリカ映画の「穴」

もともと英語読書ガイドか何かに、原書で読むのが単語も簡単で内容も面白くておすすめと書いてあって、原書で読みかけて挫折してたのでストーリーが気になっていた。どうして少年たちは穴を掘らされているのかという一番の謎の部分が、なぜか漠然とSF的な展開になるイメージがあったのがまったくちがって、主人公の身の上話と上手くつながる内容だった。

映画の出来というより、原作ものだけにストーリーがしっかりしていた。ジョン・ヴォイトがいい味出していたけど、やっぱり原作を読んだ方が充実感がありそう。原作ものの映画が原作を超えるのはなかなか難しい。

「穴」というタイトルの映画はいろいろつくられていて、「ゴースト・ストーリー」のソーラ・バーチが出ていた「穴」も観たことあるけど、あれは穴に閉じこめられた若者たちの一種の心理劇でイマイチだった。冒頭に書いたフランス映画の「穴」は、なぜか途中まで観てそのままになってる。2人で地下探検してるあたり。

いっぱい仕事があるのに録画しておいたガス・ヴァン・サントの「エレファント」もついつい観てしまった。例のコロンバイン高校銃撃事件を題材にした映画。

Holes (Yearling Newbery)
0440414806Louis Sachar

Yearling Books 2000-05-09
売り上げランキング : 3,410

おすすめ平均 star
starニューベリー賞の価値を高めた作品
star気軽に読もう
star読み終わったときにはパズルが解けたような快感

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あいくるしいくない
ドラマの「あいくるしい」(なんだこのタイトルは)の子役の男は見てるだけでなぜかムカツク。単なる好みの問題なのか、演技が下手なせいなのか。それとも人をムカつかせる演技をしてるなら演技が上手いということか。

「エンジン」の新入りの子どもは、あれこそ視聴者をムカつかせるような演技をわざとしてるのだから、べつにいいのだけど。とはいえ、今後のドラマの展開でみんなに心を開いたとしても、もともとの役者に愛嬌がないからあまり好きになれそうな感じがしないな。
タイガー&ドラゴン
久しぶりに1話でやめずにドラマを見てる。やっぱりクドカンはおもしろい。

昔の「木更津キャッツアイ」の巻き戻し二重ストーリーもそうだったけど、ドラマの構造がおもしろいのかなクドカンは。あとはディテールのおもしろさか。

ストーリー自体がおもしろいかというと、冷静に考えればべつに大したことない気もするし、今回も古典落語との二重ストーリーとキャストがいいのかな。これでマスコミ(出版業界?)がまた古典落語ブームしかける可能性も高そう。

たしかにストーリーといっても、すべてのドラマの筋は出尽くしると言われることが多いし、そうなると差別化するには小ネタとキャストとドラマの構造ということになるから、クドカンはそれを本能的にわかってるのか。それか、プロデューサーが優秀なのか。

ドラマのプロデューサーといえば、「東京湾景」で韓国映画の「ラブストーリー」をそのままパクったプロデュース&脚本の栗原某の失態は本当に目も当てられなかったなあ。

土曜はロケ&打ち合わせでまた休めず。
星を継ぐ者
何ヶ月か前にZガンダムのDVDを買って20話くらいまで観てそれ以降ぜんぜん観てなかった。まだMKⅡしか出てなくてZすら出てきてない。

そのZガンダムの劇場版「星を継ぐ者」が公開されると今日知った。どうしてまたこの時期に?公開は5月末だからそれまでにはDVD全部観ないと。

一部で有名な「プリズナーNo.6」のDVDも買ったまま観てない。

薬を飲んだから花粉はちょっとマシになって、とりあえず仕事できそう。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。